◆今日のワンショット

 
 
ウラゴマダラシジミ卵殻

イボタに産み付けられた卵。 昨年2月、4卵とも無事孵化したようだ。
孵化前の卵を探すこと1時間、なぜか見つからず。

【兵庫県東播磨:2018年1月21日撮影】


 
 
  
モンキチョウ

南向きの畑の土手で日向ぼっこ中のオス。
当地では1月、2月であっても暖かい日であれば本種を見ることが出来る。

【兵庫県東播磨:2018年1月20日撮影】


 
 
 
モンキチョウ

南向きの畑の土手、暖かい日差しのなかで日向ぼっこ。
*逆光下での撮影では、露出は常にプラス側に補正する必要があります。

【兵庫県東播磨:2017年12月30日撮影】


 
 
 
ムラサキツバメ

笹の葉にとまり日光浴中のオス。
飛翔中は翅表の色が目立たたないため、まっ黒なチョウとしか感じられない。

【横浜市:2017年12月23日撮影】


  
 
 
モンキチョウ

南向きの畑の土手、チガヤの草むらのなかに咲くタンポポで蜜を吸う。
西風が遮られた急斜面の土手、狭いながら10頭近くの本種が舞っていた。

【兵庫県東播磨:2017年12月17日撮影】


 
 
 
ベニシジミ

チガヤの葉にとまり日向ぼっこ中のオス。
ご覧の通り新鮮で今シーズン最終盤の羽化個体と思われる。

【兵庫県東播磨:2017年12月9日撮影】

  

TOPに戻る