◆今月のフォトアルバム


アゲハチョウ  Papilio xuthus

2018年月  兵庫県東播磨

小ピークで占有行動、パトロール中のオス。
当地ではギフチョウより一足早く現れ、越冬明けのヒオドシチョウとバトルを繰り返す。



コツバメ  Callophrys ferrea

2018年4月  神奈川県横浜市

ブルーベリーのつぼみから突然飛び立ったメス。
もしかしたらここで産卵行動をとっていたのかも?
静止中に翅を開くことがない本種なので、翅表を撮影するには飛翔を狙うしかない。



ミヤマセセリ  Erynnis montana

2018年3月  兵庫県東播磨

コバノミツバツツジの枝先で絡みあうオス2頭。
吸蜜中のオス個体に気が付いたパトロール中の別のオス個体が戦いを挑む。

*このように翅が湾曲するのか!写真でしか確認できない構図である。



  ツマキチョウ Anthocharis scolymus

2018年4月  神奈川県横浜市

春の風に流されながらも、緩やかに&直線的に飛ぶオス。
雑木林の縁、多くのスジグロシロチョウに混じり、一回り小さな本種が活動する。
兵庫県に比べ横浜では1週間から10日ほど早く活動を始めているようだ。


 TOPに戻る